雅郎の花鳥風月

myamazaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 30日

セタカシギの両親 その哀れな姿

このところ続いた長雨で水かさを増した休耕田、流石のセイタカシギもその美脚を誇示することが出来ません。
(1)
c0217255_17564482.jpg


(2)
c0217255_17573033.jpg


少し歩いて浅瀬に来たとき、その脚を見て唖然としました。
(3)
c0217255_17591553.jpg


(4)
c0217255_1759550.jpg


複数の脚環が付けられています、しかも一羽には両足合わせて6個もの脚環が付いています。
今までにも脚環の付けられた鳥には何度か出会っていますが、これはあまりにひどい。
家に帰って野鳥に付けられる脚環について調べてみました、そして見えてきたのは、生態調査の名の下に行われる野鳥に対する「虐待虐殺」でした。

渡りや生態を地球規模で調査し、野鳥の保護に役立てると言うのがその目的、と聞くと聞こえは良いのですがその手段方法が良くありません。日本では環境省の委託を受けた「財団法人山階鳥類研究所」が調査を行っていて、ここの認可を受けた人たち(バンダー)が全国に何百人か居て脚環を付ける活動(バンディング)をしています。バンダーと言われる人達は山階研究所からカスミ網の使用が許されそれを使って野鳥を捕獲します。その時カスミ網にかかって怪我をしたり落命する鳥が少なくないという実態が見えてきました。私が知り得た数値を示すと、年間10万羽が捕獲され脚環を付けられます、そしてその時点で死亡する数は1000羽に4羽、他にも怪我をしたり脚環を付けられたストレスから衰弱死する鳥も有ります。そして更に驚いたのは調査の為であるなら脚環を付けた鳥を何時かどこかで再捕獲しなければなりませんがその回収率は僅か0.28%だそうです、さらに此処で気付くのは再捕獲のとき又もやカスミ網が使われます。調査の為に死亡する鳥は1000羽に4羽だけではないという事です。更に言わせてもらうとこうして行われる調査の結果や成果が私達の目や耳に届かない実態が有ります。

今回出合ったセイタカシギがあまりにも哀れで、深い憤りと悲しみを覚えここにやり場のない気持ちを書きなぐって見ました。
私が知り得た事はインターネットのサイトを多数検索した結果でした、その中から一つのサイトを紹介しておきます、興味のある方はご覧になって下さい。
http://nobphoto.sakura.ne.jp/05.11/html/05.11.13.html

by yamazaki-masao | 2014-08-30 18:44 | Comments(4)
2014年 08月 28日

セイタカシギの兄弟

先週末、セイタカシギに逢って来ました、その時逢った一家族。
まだ幼い兄弟を見て下さい。
(1)
c0217255_6305168.jpg


(2)
c0217255_631109.jpg


(3)
c0217255_6321198.jpg


(4)
c0217255_6323590.jpg


(5)
c0217255_6323365.jpg


(6)
c0217255_21145017.jpg



セイタカシギの両親の画像は後日掲載しますが、その姿を見た時、何ともやりきれない気持ちになりました。
これについては詳しく報告させて頂きます。

by yamazaki-masao | 2014-08-28 06:36 | Comments(2)
2014年 08月 27日

巡る季節

早や咲きの彼岸花が、夏草の中で秋を告げていました。
c0217255_5414440.jpg


センダイムシクイが渡りの途中立ち寄ってくれました。
c0217255_544266.jpg
c0217255_5435291.jpg
c0217255_543030.jpg
c0217255_5425222.jpg


ムクドリの群れが芝生の実を啄んでいました。
c0217255_5445887.jpg


今日は涼しい朝を迎えました。
暑い暑いと言っても夏が終わるのは何となく寂しい物です。

by yamazaki-masao | 2014-08-27 05:47 | Comments(4)
2014年 08月 25日

早朝の公園で

南帰行のサンコウチョウに逢おうと、久しぶりに早朝のHPへ出かけました。
羽化したばかりのアブラゼミが羽の乾くのをじっと待っていました。
c0217255_5595957.jpg


お目当てのサンコウチョウには出会えず、仕方が無いのでカワセミにカメラを向けました。
c0217255_613069.jpg
c0217255_605552.jpg


日も昇って7時頃になるとアゲハチョウも飛び始めました。
c0217255_63188.jpg


昆虫たちは案外朝寝坊なんですね。

by yamazaki-masao | 2014-08-25 06:05 | Comments(0)
2014年 08月 23日

ミソサザイの静止画

ルリビタキと同じく、動画で紹介したミソサザイの静止画です。
この子はまだまだ幼いようですね。

(1)
c0217255_16165090.jpg


(2)
c0217255_16174412.jpg


(3)
c0217255_16173875.jpg


(4)
c0217255_1618162.jpg


一昨年前の今日、HPで南下中のサンコウチョウを撮っていました。
西の山も北の山もくまなく探しましたが出会えませんでした。
静まり返った公園に空しく響くのは池の水面を飛ぶカワセミの声ばかり、
カワセミを2~3枚撮り、そしてまたもや乱暴に枝を打ち払われた木々を見て何ともやるせない
気持ちを抱えて帰って来ました。

by yamazaki-masao | 2014-08-23 16:30 | Comments(2)
2014年 08月 21日

ルリビタキの静止画

暑い日が続いています。今朝も部屋の寒暖計は31度を指しています。
こう暑いと涼しいお山が恋しくなりますが、このところお山では大雨が続き、コマドリの谷に入るのは少し躊躇いを感じています。
お隣のルリビタキの谷は比較的安全かと思われますので、こちらから涼しさをお届けする事にしました。
きっと今この時間のルリビタキの谷は気温15度くらいと思われます。

先日は動画でご紹介しましたので今日は静止画をUPします。
SS1/15の世界での静止画です。
(1)
c0217255_6562780.jpg


(2)
c0217255_6574416.jpg


(3)
c0217255_65761.jpg


(4)
c0217255_6572194.jpg


(5)
c0217255_6573458.jpg


(6)
c0217255_659581.jpg


この日は、雨に降られたせいかいくらか寒さを感ずるくらいでした。
今週末、もう一度涼みに出かけようか迷っています。

by yamazaki-masao | 2014-08-21 07:05 | Comments(2)
2014年 08月 19日

コムクドリ♀

コムクドリを撮ろうとこの日も早起きして出かけました。
c0217255_6404056.jpg


先日のオスと変わり、今日はメスのコムクドリです。
c0217255_6434293.jpg
c0217255_6432726.jpg
c0217255_643647.jpg
c0217255_642532.jpg
c0217255_642447.jpg


コムクドリを撮る前に、朝焼けにしばし見入って居ましたが、何気なく後ろを振り返ると見事な虹が・・・。
c0217255_6455416.jpg


この虹は左から右まで180度にかかる大きな虹でしたが持ち合わせのレンズは24~70mmの標準、
何時もは持っている17~35mmを持ってこなかったのが悔やまれました。

by yamazaki-masao | 2014-08-19 06:53 | 朝焼け | Comments(0)
2014年 08月 17日

暗い森での出会い

暗い森に白い花をひっそりと咲かせるのはカニコウモリ、
そのカニコウモリ咲く森に流れ来るのはメボソムシクイ、コマドリ、ルリビタキの声。
c0217255_16281619.jpg


声の主を探そうと、木々を見上げていましたが、チラッと影が動いたのは苔むした岩陰でした。

予期せぬ処に姿を見せたメボソムシクイです。
c0217255_16393391.jpg
c0217255_16392233.jpg
c0217255_16391254.jpg
c0217255_16392243.jpg
c0217255_16391452.jpg


この日はコマドリの声を堪能して帰って来ました。

by yamazaki-masao | 2014-08-17 16:41 | Comments(0)
2014年 08月 15日

コムクドリ♂

今朝の日の出、
c0217255_1472922.jpg


住宅地の整備が進み、コムクドリがやって来るポイントも木が切られたりして昨年は逢えませんでした。
もうだめかと半ば諦めていたコムクドリですが、今年は戻ってきてくれました。
c0217255_1412759.jpg
c0217255_1412078.jpg
c0217255_14115169.jpg
c0217255_14113959.jpg
c0217255_14113187.jpg


コムクドリのオスは背中の色が綺麗なのでそれを撮りたかったんですが、WWWダメでした。
明日の朝もう一度行ってみようと思っています・・・いえっすぐ近くですから。

by yamazaki-masao | 2014-08-15 17:04 | 朝焼け | Comments(0)
2014年 08月 14日

花と蝶と鳥と

花は咲き、蝶が舞い、鳥は歌う。
そして我が家のノウゼンカズラが二度目の満開となりました。

ハンゴンソウとアサギマダラ
c0217255_16495813.jpg


ホザキシモツケとミドリヒョウモン
c0217255_16504299.jpg


シラビソの森りに歌うコマドリ
c0217255_165137100.jpg


我が家のノウゼンカズラ
c0217255_1652666.jpg


二枚目の写真、ミドリヒョウモンの脇に居るのはベニカミキリか・・・?
何方かお分かりになりますでしょうか。

by yamazaki-masao | 2014-08-14 16:56 | のうぜんかずら | Comments(0)