人気ブログランキング |

雅郎の花鳥風月

myamazaki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽( 5 )


2020年 06月 06日

朝ドラエールと歌劇椿姫

NHKの朝ドラエール、此処かしこにいろんな音楽が出て来て楽しませてくれます。
ドラマの中で「音」が歌うヴィオレッタに刺激され、古いレコードを引っ張りだしました。
ヴェルディーの「歌劇椿姫」、ピラール・ローレンガー(ソプラノ)、フィーシャー・ディスカウ(バリトン)と言う豪華キャストです。
10年ほど前、持っていたオーディオ機器全て売り払い今は簡易なプレーヤーでお皿回しをしています。
若い頃は音楽を聴くのではなく音ばかり聞いていましたが今は音楽を聴くようになりました、そんな訳で狭い部屋に陣取っていた大きなスピーカーやアンプは姿を消し、動画でご覧いただくような簡易なプレーヤーにとって替わりました。
「トリオ」いえ「Kenwood」の小さなプレーヤーが奏でる「歌劇椿姫」から、私の大好きな「乾杯の歌」お聞きください。
 

朝ドラエールと歌劇椿姫_c0217255_17282330.jpg
  
朝ドラエールと歌劇椿姫_c0217255_17445699.jpg
朝ドラエールと歌劇椿姫_c0217255_17445165.jpg





by yamazaki-masao | 2020-06-06 18:07 | 音楽 | Comments(0)
2019年 10月 22日

懐かしいレコード「ウイリアムテル序曲」

即位礼正殿の儀、テレビでその様子を見ながらPCに向かっています。平安絵巻のような世界を見て日本人であることを誇りに思います。
晴れがましいこの日なのに東京は強い雨が降っているのが残念です。
さて令和の時代から平成を越して昭和の時代へお付き合いください。今日の懐かしいレコードはロッシーニ作曲「ウイリアムテル序曲」。
指揮は100余年前イタリアが生んだ不滅の大指揮者「アルトゥーロ・トスカニーニ」です。曲の構成は4っの部分に分かれていて、最後の部分がもっとも有名な「スイス軍隊の行進」でこれはテレビの西部劇映画ローンレンジャーで使われ人気を博しました。
懐かしいレコード「ウイリアムテル序曲」_c0217255_11153701.jpg
ローンレンジャーが放送されたのが1958年からと言う事なので、テレビ放送に刺激されてこのレコードを私が買ったのは中学生の時と言う事になります。因みに先日紹介した「見上げてごらん夜の星を」のジャケットには¥280と記載されているので、いったいこのレコードはいくらだったのか・・・・?


by yamazaki-masao | 2019-10-22 11:28 | 音楽 | Comments(0)
2019年 10月 19日

懐かしいレコード「見上げてごらん夜の星を」

週末になると雨、ひどい時は台風。これではBWもままなりません、そこで思い立ったのが部屋の模様替え。
始めてみたのはいいんですが、あちこちから古い物が沢山出てきます。中でも困ったものがレコードです。一枚一枚みな思い出が有ります、其れを懐かしんだり、古いプレイヤーをアンプに結線して聞き入ったり、そんな訳で模様替えは捗りません。
沢山出てきたレコードの中から数枚を紹介したいと思います。
1963年坂本九が歌って大ヒットした「見上げてごらん夜の星を」、この曲は私が高校三年の時・・・と一緒に星を見上げながら歌った甘酸っぱい思い出が有ります。そのレコードが今も手元に有るのが不思議でなりません。
懐かしいレコード「見上げてごらん夜の星を」_c0217255_16565100.jpg
写真でお分かりかと思いますが、当時の主流をなしていたドーナッツ盤45回転です、そして赤く透き通ったレコードは当時、東芝音楽工業が静電防止と音質の良さを売り物に販売して人気を博していました。



by yamazaki-masao | 2019-10-19 17:05 | 音楽 | Comments(0)
2013年 11月 13日

懐かしいレコード

今日は少し何時もと趣向が変わります。先日見たフィギュアースケートNHK杯で浅田真央さんがフリー種目で使った曲、ラフマニノフのピアコン2番でした。
この曲は私が二十歳の頃、夢中で聴いた曲です。
特に第三楽章に出て来る美しいメロディーは脳髄を震わせるかのように心に浸み込んで来ます。
そんなお気に入りのレコードはスヴャトスラフ・リヒテルの演奏で、
そのレコードが今だに手元にあります。真央さんのスケートに刺戟されて久々に聞いて見ました。
懐かしいレコード_c0217255_18323581.jpg


音楽の話をして、写真だけで曲が聞こえないのは寂しいのでYouTubeから拝借します。

お気に入りの第三楽章だけをUPしている投稿が有りましたのでこれを拝借しました。
本来人気なのはピアノの重低音で始まる第一楽章冒頭かもしれません。
残念ですが、真央さんは第三楽章は取入れて居ませんでした。でもNHK杯優勝!
ソチオリンピックに向け頑張れ浅田真央。皆さんも是非応援宜しく。

by yamazaki-masao | 2013-11-13 18:55 | 音楽 | Comments(2)
2011年 11月 19日

歌劇 トロヴァトーレ

明け方から降り出した雨は、午後になってもまだ降り続いています。
週末の雨は休日カメラマンの私にとって恨めしい限りです。流石に今日は撮影に出かけるのを諦め、
近頃少し遠ざかっていた音楽鑑賞でもしようと思い立ちました。
書棚の肥やしになっている古いレコードのストックをあれこれと物色し選び出したのは、
ヴェルディの歌劇トロヴァトーレ、ズービンメータ指揮 ニューフィルハーモニア管弦楽団でした。
プレーヤーにレコードを乗せ、針を下ろす時の瞬間はやはりCDには無い期待と喜びが有る物です。
とは言っても今使っているプレーヤーはSMEのアームやオルトフォンのカートリッジではなく、トリオの超簡易型プレーヤーです。
ただしレコードは40年もの昔の録音を当時のまま再現してくれます。
歌劇 トロヴァトーレ_c0217255_14114072.jpg

当時若僧だった私が買ったこのレコードは3枚組で何と¥6000もしていたんですね、
写真のレコードケースに付いている帯ラベルの下部にその価格が表記されています。

歌劇トロヴァトーレのストーリーは複雑で長い為ここでは省略しますが、概略は、ジプシーの老婆が長い年月を経て冤罪で火刑にされた母親の敵を討つと言う悲劇です。

雨の降る静かな土曜日、久々にじっくりと音楽に浸りました。
音楽によってストーリーの中に引き込まれるままに、感動に涙をじませて聞き入りました。
こんな土曜日もたまには良い物ですね。

by yamazaki-masao | 2011-11-19 14:31 | 音楽 | Comments(0)