雅郎の花鳥風月

myamazaki.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 28日

ノビタキと過ごした高原の一日

「喉の赤い子」を待つ間、ず~と付き合ってくれたノビタキ、
もしもこの子が居なかったらと思うと・・・。

(1)
c0217255_06071216.jpg

(2)
c0217255_06071777.jpg

(3)
c0217255_06072318.jpg

(4)
c0217255_06072995.jpg

(5)
c0217255_06073504.jpg

(6)
c0217255_06073982.jpg

(7)
c0217255_06074531.jpg

(8)
c0217255_06075234.jpg

(9)
c0217255_06075896.jpg

そして最後はこの日一番のトキメキを与えてくれたノビタキの女の子。
(10)
c0217255_06080473.jpg
ファインダー越しに見たこの姿は周囲の人達をも含めてノゴマの雌だと思い込ませたのです。
家に帰ってPCで確認した時には全身の力がす~っと抜けて行くのでした・・・・。


by yamazaki-masao | 2018-09-28 06:57 | Comments(1)
Commented by ten-zaru at 2018-09-28 20:57
yamazakiさん、今晩は。
景色の中のノビタキ、良い雰囲気ですね。
そうですか、ノビタキのご婦人に惑わされましたか。
それも良いじゃないですか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< オルカ、シャチ、鯱、      サービスの良いカワセミ >>