雅郎の花鳥風月

myamazaki.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 22日

何か虚しいブログ更新

ルリビタキの谷にはルリビタキの囀りが輪唱のように聞こえ、その輪唱に伴奏を付けるかのように聞こえて来るのはコマドリの声。

森の入口にさしかかるとその声は更に響き渡ります。
c0217255_21505552.jpg
しかし、、、、、。ルリもコマもその姿を見せてはくれませんでした。
6時間が経過して私の限界を迎えました、打ちひしがれて森に別れを告げ山を下って来ると、
目の前を横切る黒い影、オオアカゲラでした。ルリやコマに比べたら何て優しい子なのだろうと思いました。
c0217255_21510220.jpg
c0217255_21510768.jpg
c0217255_21511213.jpg
c0217255_21511649.jpg
c0217255_21512001.jpg

今まで居た森を振り返ると紺碧の空に真っ白な雲が流れて行きました。
c0217255_21512557.jpg
ルリビタキの谷がこんな状態では、お客様を御招待するなんてしてはいけないのかも.........


by yamazaki-masao | 2018-07-22 22:11 | Comments(4)
Commented by ミドリ at 2018-07-22 23:11 x
姿の見えない鳥の気配、森の中で息を殺して鳥を探しているそのときこそ、至福ですよね~。
とは言え1枚もシャッターを切らずにフィールドを後にするときの疲労感ったらありませんけど(笑)
Commented by yamazaki-masao at 2018-07-23 05:52
ミドリさん お早うございます。
「至福」たしかにそうかもしれません、しかし一度でもシャッターを切っていれば良いんですが、
ただただ声を聞いただけの6時間はなんだったのか、更にFBには超刺激的な写真が・・・。
暫くはたちなおれそうにありません。
Commented by ten-zaru at 2018-07-23 20:20
yamazakiさん、今晩は。
声はすれども姿は見せず、なんて事はしばしばありますよ。
だからまたお山に行きたくなるんです。
Commented by yamazaki-masao at 2018-07-24 05:43
ten-zaruさん お早うございます。
今年はこのような状況がしばしばでは無くてしょっちゅう有るんです。
もうだめなのかも・・・・。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コマドリの住む森      サンコウチョウ >>