雅郎の花鳥風月

myamazaki.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 17日

憧れ 天然コマドリ

遠くの森から聞こえて来るこの囀りは、私を全ての障害を乗り越えさせ、森の奥深くへと誘い込みます。
痛めたふくらはぎの事はとうに忘れ去り、ただひたすらに声の主に逢いたくてガレ場を登って行きます。
登って行けば逢えるという保証は有りません、でも登り続けます。
「コマドリ」何故こんなに私を引きつけるのか・・・・・?

かろうじて撮れたコマドリ、大した写真では有りませんが撮れただけでも嬉しいコマドリです。
c0217255_21224522.jpg
c0217255_21225353.jpg
c0217255_21230185.jpg
c0217255_21231656.jpg
c0217255_21232589.jpg
c0217255_21233759.jpg
c0217255_21234366.jpg
c0217255_21235010.jpg




by yamazaki-masao | 2018-07-17 01:00 | Comments(2)
Commented by ten-zaru at 2018-07-17 21:13
yamazakiさん、今晩は。
森の奥へと誘うコマドリの鳴声、
その誘惑には逆らえないのはよく分かります。
Commented by yamazaki-masao at 2018-07-18 05:46
ten-zaruさん お早うございます。
こう言う誘惑なら逆らう必要は有りません。
ただ黒い大きな奴には巡り合いたくないです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< サンコウチョウ      涼やか セイタカシギ >>