雅郎の花鳥風月

myamazaki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ヒバリ ( 3 ) タグの人気記事


2015年 07月 07日

不精なヒバリ

古い在庫からヒバリを引っ張り出しました。
飛ばずに囀る不精なヒバリ、色々な鳥の声がして少し聞き取りにくいですが・・・。
c0217255_06560217.jpg
c0217255_06555676.jpg
c0217255_06555975.jpg
UPするのに苦労した動画が何とかなりました。





by yamazaki-masao | 2015-07-07 07:08 | Comments(4)
2010年 04月 20日

蓮華畑とコアジサシ

異常気象と言われるこの頃です、鳥も花も戸惑っているようです。
次々に咲く色々な花と、渡り鳥達の異常さで毎日が忙しくてなりません。

かすかに朝靄のかかったホームパークに日が差し込み、光芒が見事な朝でした。
c0217255_15265360.jpg


逆光の中に立つ欅とその枝にシルエットでいる(ツグミ)が印象的でした。
冬鳥の(ツグミ)がまだ留まっています。
c0217255_15313766.jpg


日が昇るにつれ、木々の新芽が青空に向かって背伸びをしています。
c0217255_15335945.jpg


青空を映しこむ公園の池には、何時しか鴨達の姿がめっきり減り、寂しくなりました。
入れ替わりにやって来る、夏鳥の(オオルリ)や(キビタキ)の来訪が楽しみです。
c0217255_15384463.jpg


公園を出て近くの田圃を散策です。最近では化学肥料を使う為に、ほとんど見られなくなった蓮華が咲き、頭上からは(ヒバリ)の声が降って来ます。
c0217255_15421915.jpg
c0217255_15423180.jpg


保護色で気付かなかったんですが、すぐ近くに(ヒバリ)が居ました。
c0217255_15463523.jpg

c0217255_1547286.jpg


(ヒバリ)と別れて湖へ向かいます。昨日出会った(サカツラガン)はあの時僅か2時間くらいしかこの湖には居なかったようです。そこに出会えたんだから、ラッキーだったんですね。(サカツラガン)、(シロハラトウゾクカモメ)、(カンムリカイツブリ)、彼らに思いを馳せながら歩いていると、やって来ました(コアジサシ)、まさしく南からの来訪です。
慌ててレンズを向けますが、彼らのスピードに着いて行けません、まるでブーメランです。
c0217255_1556596.jpg
c0217255_15561766.jpg


今季初撮りの(コアジサシ)は証拠写真のレベルでしか有りませんでした。



by yamazaki-masao | 2010-04-20 16:02 | Comments(6)
2010年 04月 08日

サクラとヒバリ

我が家から歩いて3分とかからない所に、素敵なサクラが有ります。
葛西用水と言う農業用水路沿いに、1km程続くサクラ並木です。
c0217255_18132247.jpg
c0217255_18135243.jpg

この地に越して来た時は、私の腕位の太さしか無かったサクラが今はこんなに立派に育ち、サクラの名所になりました。

サクラが春の花の代表なら、春の鳥を代表するのは(ヒバリ)ですね。
c0217255_18175679.jpg


近くにこんな素晴しいサクラが有るんだからわざわざ遠くまで出かけなくても・・・。
c0217255_18204614.jpg


川面に映ったサクラです。逆さにUPしたんじゃないんです。
c0217255_18215685.jpg


目にサクラ、耳にはヒバリの囀りで、不況の世をば忘れる一時・・・
c0217255_18285740.jpg

c0217255_1830321.jpg
c0217255_18302389.jpg

私が此処へ越して来た頃はバブルの絶頂期でした。あれから20年も過ぎたでしょうか、世の中大きく変わりました。
アッいけない!暗くなっちゃいました。(ヒバリ)の声を聴きましょう。
c0217255_18351827.jpg

サクラも負けじと春を表現しています。
c0217255_18363922.jpg


(ヒバリ)
c0217255_18374180.jpg


明日は、今日撮影して来た幸手市の権現堂堤のさくらを予定しています。

by yamazaki-masao | 2010-04-08 18:42 | Comments(2)