タグ:ツツドリ ( 19 ) タグの人気記事


2016年 10月 13日

青赤ツツドリ

小雨降る中、我慢出来ずに出かけたらツツドリが撮れました。
とわ言っても本当の処、ツツなのかカッコウなのか良く解りません・・・。

まずは青手。
c0217255_06025030.jpg
c0217255_06025608.jpg

次は赤手、
c0217255_06024460.jpg
c0217255_06030269.jpg
c0217255_06030886.jpg
c0217255_06031451.jpg




by yamazaki-masao | 2016-10-13 06:33 | Comments(2)
2015年 10月 22日

near mise ツツドリ

オオルリを待っている私の目の前に、突然現れたのはオオルリではなくツツドリでした。
驚いたのは私よりもツツドリのようでした。それでも1分位は其処に居てくれました。
c0217255_06430794.jpg
あまりに近すぎてフレームアウト、ズームレンズを使っているのを忘れて
思わず後ずさりしました。

c0217255_06432409.jpg
c0217255_06431930.jpg
c0217255_06431620.jpg
c0217255_06431268.jpg
次回はキビメスとのニアミスです。




by yamazaki-masao | 2015-10-22 06:46 | Comments(2)
2015年 10月 08日

鳥にとって食べると言う事は・・・?

鳥達を見ているとじっと休んで居る時以外は食べる事に必至なのが解ります。
特に渡り鳥は途中の休息地で十分な補給をし、この先の長距離飛行に備えなければなりません。

ツツドリが不安定な梢の上で、羽ばたいてバランスをとりながら何かの幼虫を食べています。
その様子を連射で捉えてみました。
(1)
c0217255_19073507.jpg

(2)
c0217255_19073176.jpg

(3)
c0217255_19073927.jpg

(4)
c0217255_19074312.jpg

(5)
c0217255_19074932.jpg

(6)
c0217255_19075257.jpg






by yamazaki-masao | 2015-10-08 04:49 | Comments(4)
2015年 10月 04日

赤色ツツドリ

何故か赤色しか撮れないツツドリ。
c0217255_12503437.jpg
c0217255_12503173.jpg
c0217255_12502857.jpg
c0217255_12502431.jpg
c0217255_12502003.jpg
c0217255_12501625.jpg
HPには青色も居るのに撮れていません・・・。

昨日の土曜はオオルリでフィーバーしましたが今朝はもう居なくなりました(涙)。


by yamazaki-masao | 2015-10-04 12:54 | Comments(2)
2015年 09月 27日

赤色ツツドリ 私にも撮らせてくれました Ⅰ

葉陰で何かが動きました、よーく目を凝らして探してみると、見えたのは
赤色ツツドリの体の一部でした。
c0217255_18003391.jpg
何処か良いポジションは無いかと探しましたが・・・。
見えたのは首切り状態です。
c0217255_18005879.jpg

もう少し位置を変えてみると葉陰越しに見えたのは花写真のような前ボケ状態。
c0217255_18004740.jpg
c0217255_18010215.jpg
c0217255_18010745.jpg

こんな写真ですが、この赤手のツツドリは可愛らしい個体でした。
もう少し撮れたので又後日UPします。


by yamazaki-masao | 2015-09-27 04:40 | Comments(2)
2014年 10月 13日

ツツドリ激写

曇った朝を迎えた公園は仄暗く、あたりには人影も有りません。
少し早すぎたかなぁ、と思いながら歩いてゆくと目の前で何かが動きました。
迎えてくれたのはツツドリでした、しかも極めて至近距離です。

(1)フレームアウトです。
c0217255_1626758.jpg


(2)通常は400mmで使用しているレンズを285mmまでダウンしました。
c0217255_1628155.jpg


この後はすぐ横の折れた枝に移り、邪魔な小枝も無くなりました。
(3)
c0217255_16294971.jpg


(4)
c0217255_16301526.jpg


(5)
c0217255_16304988.jpg


(6)
c0217255_16312149.jpg


最終的には私の脚元に降り立ちます、少し下がって撮りました。
(7)
c0217255_1633372.jpg


(8)
c0217255_16332679.jpg


こんな事も有るんですね、サービス満点のツツドリでした。
ISO800で1/13のSSでした、まだまだ手は震えていないようです。

by yamazaki-masao | 2014-10-13 16:37 | Comments(4)
2014年 10月 06日

ツツドリ連写

今期のツツドリ、サービスは今一ですが、個体数は多いようです。
そんなツツドリをカメラ任せで連写しました、11コマ連続UPします。

(1)
c0217255_641185.jpg


(2)
c0217255_641367.jpg


(3)
c0217255_642019.jpg


(4)
c0217255_6421651.jpg


(5)
c0217255_6423381.jpg


(6)
c0217255_6425049.jpg


(7)
c0217255_6431268.jpg


(8)
c0217255_6433745.jpg


(9)
c0217255_644858.jpg


(10)
c0217255_6442934.jpg


(11)
c0217255_6445396.jpg

これにて今期のツツドリはフィナーレとします。

風はまだ弱いようですが、雨戸を閉ざした窓の外からは、ゴーと言う激しく降る雨音が部屋の中まで響いてきます。
もうすぐ通勤通学時間となります、最悪の時間帯に台風18号はやって来ました。

by yamazaki-masao | 2014-10-06 06:54 | Comments(6)
2014年 09月 09日

ツツドリ撮れました

週末カメラマンの私にもツツドリが・・・。
c0217255_1811652.jpg
c0217255_18105722.jpg
c0217255_18104850.jpg
c0217255_18103990.jpg
c0217255_18103093.jpg


数時間待って僅か数秒の出来事でした。

by yamazaki-masao | 2014-09-09 18:13 | Comments(2)
2014年 05月 05日

HPに流れる山の呼び声・・・。

日の出を迎え、HPに足を踏み入れると、遠くから聞えて来たのは山の呼び声でした。
誰かが遠くで竹筒を叩いているかのような「ポンポンッポンポンッ」の声。
この声を聞いただけで静かな山奥に来ているような気分になります、声の主はツツドリ。

そして静かに咲いているのはキショウブです。
c0217255_17371572.jpg


そのキショウブ咲く池の上を飛ぶツツドリ、撮れたのは三枚だけでした。
c0217255_17502242.jpg
c0217255_17503153.jpg
c0217255_17503844.jpg



日の出から6時間を費やしましたが、木々の梢に留まる時は全く姿を見せてくれないツツドリでした。
やむをえず飛ぶ所を狙うしか有りませんでした。
しかしHPに流れたツツドリの声には感無量、眼を閉じて聞いていると山に居るような気分を味合わせてくれました。

ツミのポイントにはこの日も知らないカメラマンが数人来ていました。
多数の人が良い写真が撮れれば良いと思いますが、カメラマンとしてマナーだけは忘れずに・・・。

by yamazaki-masao | 2014-05-05 16:25 | キショウブ | Comments(2)
2013年 11月 15日

身近な秋とキャロライン・ケネディー

毎朝元気にペタルを漕いで仕事に通う道、すっかり秋の彩りです。
この日は自転車を止め、ポケットの携帯(スマホじゃない)を取り出しました。
c0217255_6515854.jpg


今日は、「身近な秋」としましたので、身近な鳥達です。

         モズ
c0217255_6544186.jpg


         ツツドリ
c0217255_655831.jpg


         エナガ
c0217255_656075.jpg


今日は、アメリカ駐日大使としてキャロライン・ケネディーさんがやって来ます。
御父さんのケネディー大統領は、今までに無い若い大統領として日本でも人気でした。
初めて日米間を結ぶ衛星テレビ放送で送られてきたのは大統領暗殺と言う衝撃的なニュース、
高校生だった私達の年代にも大きなショックでした。その後の報道で紹介されたケネディー家の映像で見た
幼いキャロラインさんの姿に涙を誘われたのを憶えています。
そんなキャロラインさんを駐日大使としたアメリカの選択はベストだったと思います。
政治外交の経験は無いと言う事ですが、今の日米関係を考えると日本人が親しみを感ずる大使として無二の人物だと私は思う次第です。ようこそキャロラインさん!

by yamazaki-masao | 2013-11-15 07:20 | Comments(4)