雅郎の花鳥風月

myamazaki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:コルリ ( 25 ) タグの人気記事


2017年 06月 25日

コルリに魅せられて

「虎穴に入らずんば虎児を得ず」「君子危うきに近寄らず」
上記の二つの格言は相反する意味で使われますね、でも今回は前者を信じる事にしました。
そして出かけた処は・・・。
名も無い林道。
c0217255_10433601.jpg
c0217255_10434648.jpg
その林道から見た風景。
c0217255_10435545.jpg
熊の出没を虎穴とし、虎児はコルリに置き換えての山岳ドライブ、そして出会えたコルリは
真に「虎児」青い宝石でした、取り敢えず10カットUPです。

(1)
c0217255_10441691.jpg

(2)
c0217255_10440629.jpg

(3)
c0217255_10443653.jpg

(4)
c0217255_10442676.jpg

(5)
c0217255_10445901.jpg

(6)
c0217255_10444454.jpg

(7)
c0217255_10450855.jpg

(8)
c0217255_10451778.jpg

(9)
c0217255_10452952.jpg

(10)
c0217255_10454086.jpg
UPした中には、ブレやピンアマも有りますがあえてUPしました。
天然コルリを撮る事がいかに大変な事かを御理解頂けたら幸いです。
ISO8000でSSは1/50、足場が悪いため三脚は立てられず手持ち撮影でした。




by yamazaki-masao | 2017-06-25 11:02 | Comments(4)
2017年 05月 10日

山と桜と・・・コルリ

休日しか出かけられないので仕方有りませんが、桜が一週間早かったようです。
c0217255_18590003.jpg
でもコルリはサービス満点でした。
c0217255_18591039.jpg
c0217255_18591728.jpg
c0217255_18592542.jpg
c0217255_18593369.jpg
撮影日は4月30日でした。


by yamazaki-masao | 2017-05-10 04:57 | さくら | Comments(2)
2017年 05月 02日

ごちそうを咥えたコルリ

五月に入り本格的な夏鳥の季節がやって来ました。
早速コルリに逢って来ました、ご馳走を咥えて大満足のコルリ君、10カット連続UPです。

(1)
c0217255_06543497.jpg

(2)
c0217255_06543986.jpg

(3)
c0217255_06544576.jpg

(4)
c0217255_06545057.jpg

(5)
c0217255_06545617.jpg

(6)
c0217255_06550433.jpg

(7)
c0217255_06551294.jpg

(8)
c0217255_06552103.jpg

(9)
c0217255_06552919.jpg

(10)
c0217255_06554706.jpg



by yamazaki-masao | 2017-05-02 07:01 | Comments(6)
2017年 04月 10日

御成婚記念日

四月十日と言う日をマスコミは何の報道もしなくなりました。
しかし私の脳裏にはこの日の様々な想い出が色濃く残っています。
中学生の時だったと思います、モノクロテレビの画面には日比谷の交差点を皇太子と美智子妃殿下を乗せた馬車がパレードする様子が映し出されていました。
この頃私が所属していたクラブ活動(部活とは言わなかった)は蹴球部(サッカーとは言わなかった)でした。その頃これ以上無いほどマイナーなスポーツは有りませんでした。野球部の邪魔をしない程度にグラウンドの隅っこで練習する蹴球部をあざ笑うかの様にもてはやされていたのがテニス部(軟式)でした。
二面しかないテニスコートはラケットを振る事も出来ないほどの生徒達で溢れかえっていました。
何故そんな事が起こっていたんでしょうか、それは全てこの年の四月十日と言う日に有りました。
皇太子殿下と美智子様お二人を取り持ったのがテニスだったのです(サッカーで有る筈ない)。
そんな天上人達にあやかりたいとする気持ちは解りますが猫も杓子もテニステニス、
それにも負けず蹴球を続けていた自分を褒めてやりたい・・・。冗談が過ぎました!

こんな思い出が四月十日には有ります。
国中が沸き立ったこの日を記憶している人はもう少なくなって来ました。
その時の主役を演じた天皇陛下も上皇とやらになろうとしています。こうした歴史の変遷を忘れないように
マスメディアの方達には幅広い報道を心掛けて欲しいと願うばかりです。
歴史は戦争ばかりでは有りません、世界中の人達を和ませた出来事だって沢山有ったはず。

こうして心の赴くままにブログに書き付けている間にも、隣にいるテレビは美空ひばりの生誕80年を伝えています。いえ実空ひばりも立派でしたしかし、他にも報道すべきことが有るのでは・・・。

言いたい事書きたい事、長々と書いてしましました。「いくらか気が晴れました」。

さて今日は↑の記事とはまるで関係なく、もうすぐやって来るこの鳥達です・・・・。

コルリ
c0217255_18511271.jpg
c0217255_18510368.jpg

オオルリ
c0217255_18512182.jpg
c0217255_18513165.jpg
幸せを運ぶ青い鳥、来週辺りはコルリに逢いに行きます・・・・・。




by yamazaki-masao | 2017-04-10 19:40 | Comments(2)
2016年 06月 22日

これが普通です

                                                声はすれども姿は見えず。コルリにぴったりの言葉です。
先日、コルリをシリーズ化して掲載しましたが、あんな状況でコルリが撮れるフィールドはめったに有りません。
何とかコルリを撮ろうと必至になって撮るとこんなコルリが撮れるのが普通です。
先週は初心に戻って新しいコルリポイントを開拓しようと頑張ってきました、そして撮れた画像を紹介します。
c0217255_18421622.jpg
この時の状況を説明します。
声は木々の中段辺りから聞こえて来るような気がします。動きが全く視認出来ないまま声の発生源は大きく移動を繰り返します。声が移動して居るのに動きが視認出来ないと言う事は林の中断を移動して居るのではなく姿を隠す障害物が多い処を移動して居るのでは、と言う事は草叢の中を移動して居るのだろうと想像し、地表へと視線を移しました。それでも声は林の中段から聞こえてきます。気が変になりそうな時間帯が2時間程続きます、そして私の予想が的中しました。草叢から倒木の上にピョンと飛び乗ったコルリは白日の下にその姿を顕わにしたのです。しかし障害物が私とコルリの間に立ち塞がります。何とかこれを避けようとしますが私の立ち位置は急斜面、そこに三脚を立てターゲットを俯瞰した状態で、即座には身動きが出来ません。頼むから二三歩どちらかに寄ってくれ、と願うばかり。私の悲痛な願いに一顧だもせず、此処に立ち止まって囀るコルリ、それでもシャッターを切らないとと連写しました・・・・・・。
そして撮れたのが上の写真です。
これがコルリ撮影の現実です。

この後やはり草むらを移動して5mほど先の枝に上がってくれましたが・・・。これです!
c0217255_19090002.jpg
c0217255_19090516.jpg
c0217255_19090974.jpg
c0217255_19091510.jpg
これがコルリ撮影の原点でしょうね。
こうしてコルリとの一時(本当は5時間)を楽しみ、山を下りて来ると長閑で平和な世界が待っていました。
c0217255_19092051.jpg








by yamazaki-masao | 2016-06-22 04:26 | Comments(4)
2016年 06月 01日

コルリの雄叫び

今日から6月、元気にゆきましょう。
ダメ押しのコルリ1枚。
c0217255_06031958.jpg


by yamazaki-masao | 2016-06-01 06:03 | Comments(4)
2016年 05月 31日

躑躅とコルリ

「躑躅」と言う字、むずかしいですね、私には書けません。
これはまぁ余談ですが、お山では遅い春を今迎えているようです。
c0217255_19283321.jpg

この躑躅とコルリのコラボを狙ってみましたが、早朝のまだ薄暗い森の中での撮影では
私のような未熟なカメラマンにはこの程度しか撮れませんでした。
そこを御了承頂いたうえでご覧いただければ幸いです。
c0217255_19311081.jpg
c0217255_19310754.jpg
c0217255_19311978.jpg
c0217255_19311536.jpg

遅いお山の春、彼方此方でヤマフジが満開でした。
c0217255_06022477.jpg







by yamazaki-masao | 2016-05-31 04:59 | Comments(4)
2016年 05月 20日

またまたコルリ

しつこくコルリをUP、今日は私の意と反するドアップです。

(1)

c0217255_21304608.jpg

(2)
c0217255_21304288.jpg


(3)
c0217255_21305724.jpg

(4)
c0217255_21305212.jpg
追記:誤解が発生しているようなので解説します。
   天然コルリが食べている虫もこれ又天然の虫です。


(5)
c0217255_21310490.jpg

(6)
c0217255_21310080.jpg

(7)
c0217255_21311528.jpg

(8)
c0217255_21311071.jpg

(9)
c0217255_21312047.jpg

この魅力的な青い小鳥の居る処にはこんな花も咲いています。
c0217255_21312518.jpg
花が咲き、鳥は歌い、清風渡る森、これに勝る何物も無い、そんな世界です。


by yamazaki-masao | 2016-05-20 04:27 | Comments(4)
2016年 05月 11日

天然コルリとお近ずきに

予期した処とはかなり遠くに現れたコルリ、でも何故か急ぎ足で私の方へ近づいて来ました。
c0217255_21342557.jpg

最後には、こんな事が有るのかと思うほど近くまで来てくれました。
c0217255_21343050.jpg
この後は倒木に乗ってポーズをとり、さぁ撮ってくれと言わんばかりのサービスでした。
7カット連続UPします。
c0217255_21391091.jpg
c0217255_21392366.jpg
c0217255_21392902.jpg
c0217255_21393312.jpg
c0217255_21394099.jpg
c0217255_21395162.jpg
c0217255_21394530.jpg



by yamazaki-masao | 2016-05-11 04:26 | Comments(8)
2016年 05月 08日

在庫放出 天然コルリ

コルリ三昧 楽しんで来ました。12カット在庫放出!

(1)
c0217255_10553287.jpg


(2)
c0217255_10552793.jpg

(3)
c0217255_10553915.jpg

(4)
c0217255_10553693.jpg

(5)
c0217255_10554868.jpg

(6)
c0217255_10554492.jpg

(7)
c0217255_10561084.jpg

(8)
c0217255_10555413.jpg

(9)
c0217255_10561971.jpg

(10)
c0217255_10561435.jpg

(11)
c0217255_10563332.jpg

(12)
c0217255_10562449.jpg
続きは後日また・・・・。



by yamazaki-masao | 2016-05-08 04:52 | Comments(6)