タグ:キョクアジサシ ( 3 ) タグの人気記事


2010年 07月 29日

富士にいだかれて飛ぶ キョクアジサシ

昨日は大磯まで出かけ、キョクアジサシに逢って来ました。8Gのカードほぼ一杯になるほど撮ってしまったので、編集に手間取りブログ更新が出来ませんでした。それほど撮ったのに大したショットは有りませんでしたが見て下さい。
まずはドアップです。
c0217255_9484668.jpg


2年前、出張した北緯75度、北極圏の港町で毎日のように身近にいたキョクアジサシに
日本で逢えるなんて思っても居ませんでした。
c0217255_9541077.jpg


赤い嘴と赤く短い脚がとても可愛いんです。一見するとベニアジサシと間違えそうですが、
尾羽と翼の羽の長さが違います。白夜を求めて北極~南極間、36,000kmを渡るキョクアジサシがどうして日本に・・・?
c0217255_100105.jpg


しきりに羽繕いをします。ちょっと異変に気が付きました。
c0217255_1022664.jpg

翼をよく見ると、濡れています。普通鳥の羽は水を弾くはず、そう簡単には水が浸み込む事は無いはずです。

岩の上で空に向かって仲間を呼んでいるかのような姿です。
c0217255_1061211.jpg

翼が海水を含んでいたのでは長距離の飛行は無理なのでしょう。尾羽の付け根から分泌するワックスをしきりと翼に擦りつけています。何とか水を弾くように回復して欲しい物です。
こうしてキョクアジサシを見ていたら何だか悲しい思いがして来ました。彼が仲間の所まで飛ぶのにはまだまだ大変な距離が有ります。
遠くを見つめるような後ろ姿が寂しそうでした。
c0217255_10135445.jpg


ちょっとウエットになっちゃいましたが、ここでキョクアジサシが間違いなく日本に立ち寄った証拠写真をUPしておきます。
c0217255_10161466.jpg


富士山を背景にして飛ぶキョクアジサシです。
c0217255_10171992.jpg


一日も早く翼が正常になり、南極へ向け飛び立てるよう祈ります。

by yamazaki-masao | 2010-07-29 10:22 | Comments(2)
2010年 07月 27日

キョクアジサシ

c0217255_15381967.jpg
野鳥愛好家の間で、キョクアジサシの話題が盛り上がっています。
懐かしいので私も在庫から少しUPして見ます。
c0217255_15383062.jpg
c0217255_1538428.jpg
c0217255_15385335.jpg
c0217255_1539484.jpg


日本ではめったに出会える鳥では有りません。再会のチャンスをくれた
キョクアジサシに逢いに行かない訳にはいきません。

by yamazaki-masao | 2010-07-27 15:43 | Comments(2)
2009年 10月 29日

可愛らしい猛禽 モズ

過去に撮っていた写真の方が良く撮れているような気がします。初心に戻ろう。
この可愛いモズを見て下さい。
c0217255_20261084.jpg
c0217255_20263842.jpg
c0217255_20265247.jpg
c0217255_2027734.jpg
c0217255_20272478.jpg
c0217255_20274047.jpg

如何でしたか、カワイ~イ、でしょ。


(キョクアジサシ) 赤い嘴と短足が特徴です。渡りの範囲は、北極圏から南極圏で36,000kmにもなり、
渡り鳥の中で最長を飛ぶそうです。
c0217255_20344274.jpg
c0217255_2035295.jpg
c0217255_20351716.jpg

今夜はこの辺りでおしまいです、眠くなりました。

by yamazaki-masao | 2009-10-29 20:38 | Comments(1)