雅郎の花鳥風月

myamazaki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カワガラス ( 17 ) タグの人気記事


2016年 12月 14日

寒さに負けない鳥達

c0217255_18554827.jpg
夏は若者たちの車で賑やかなロマンチック街道、今は人影も有りません。
こう見ると鳥撮りの絶好のチャンスがこの時期かも知れません。
c0217255_18555805.jpg
↑の写真で道路の両脇に黒々と見えるのは全てずみの木です、残念ながら「実の一つだに無きぞ悲しき」
の状態です。これでは今期のレンジャクは望み薄かも・・・。
そんな中でも元気に飛び回っていた鳥さんを紹介します。

カワガラス
c0217255_19062358.jpg



c0217255_19063072.jpg

セグロセキレイ
c0217255_19063898.jpg
c0217255_19064579.jpg

ミソサザイ
c0217255_19065637.jpg
c0217255_19070338.jpg

アトリ
c0217255_19071486.jpg
c0217255_19072253.jpg

オオワシ
c0217255_19072837.jpg
c0217255_19074193.jpg
他にもまだまだ多数の鳥達が雪の降るのも気にせず、活発に活動していました。
お昼近くになって風が強まり雪が横殴りに頬を打つようになって、今回はお山に別れを告げる事としました。




by yamazaki-masao | 2016-12-14 04:46 | 朝焼け | Comments(2)
2016年 04月 12日

里山の春

当ても無くぶらり出かけた里山で春を撮ってみました。
c0217255_06361253.jpg
c0217255_06361769.jpg
c0217255_06362316.jpg
c0217255_06362805.jpg
c0217255_06363219.jpg

そしてこの日の出会いはカワガラス。
滝の裏側には巣が有って子育てが始まっているのでしょう、しきりに餌を運んでいました。
c0217255_06363736.jpg


by yamazaki-masao | 2016-04-12 06:40 | 風景 | Comments(4)
2016年 01月 23日

冬の奥日光 カワガラス

雪雲湧き上がる奥日光です。
c0217255_17390635.jpg


この日の寒さは三脚を握る指が凍りついてもげ落ちるかと思うほど厳しい物でした。
c0217255_17391004.jpg

何の成果も得られず、寒さに耐えかねて山の湖へ下りる事にしました。
そこで出逢ったのはカワガラス、突然私の目の前に飛び出しました。
c0217255_17475236.jpg

この後はもうこっちだよとエスコートするかのように水辺へと導いてくれました。
c0217255_17480076.jpg
c0217255_17480363.jpg
c0217255_17480776.jpg
c0217255_17481115.jpg
冬の湖が晴れ渡った寒空の光に照り輝いていました。
c0217255_17481595.jpg




by yamazaki-masao | 2016-01-23 17:55 | Comments(2)
2015年 11月 03日

激闘カワガラス

ビィッ ビィッ ビィッ! と言うだみ声を響かせながら、二羽のカワガラスが猛スピードで水面を飛び去ります。そして激しく水を叩く音、木影から覗いて偶然撮れた3枚です。
c0217255_18470903.jpg
c0217255_18471580.jpg
c0217255_18471900.jpg
何が原因でこんな大喧嘩をしているのでしょうか・・・?

今日はPM3:00に起き出してお山を目指しました。家を出る時は小雨がぱらぱらと降っていましたが栃木県に入ったあたりからは濃霧に変わり日光市辺りでカラッと晴れましたが、風が冷たく震えながらの鳥撮りとなりました。


by yamazaki-masao | 2015-11-03 19:02 | Comments(2)
2014年 11月 17日

過ぎ去った紅葉

山の湖水には冬支度をするカワガラスの後ろ姿が有りました。

(1)
c0217255_1822591.jpg


(2)
c0217255_18233131.jpg


(3)
c0217255_18235136.jpg


(4)
c0217255_18241179.jpg


この日の明け方、山の湿原は薄っすらと雪化粧、日常的にスノータイヤを履いている我が愛車は何となく嬉しそうに走っているかのようでした。
朝日が昇ると薄雪はたちまち消え失せ、目前に広がったのは茶色く冬枯れた荒涼とした原野でした。
色艶やかなあの紅葉は何処へ行ってしまったのか・・・・。

初冬の湖水に別れを告げ、つづら折れの坂道を下り一気に標高を下げます。
朝はまだ暗い内に走り抜けてきた為、気付かなかった麓のサービスエリア、ここに紅葉前線は下りてきていました。

(5)
c0217255_1851455.jpg


(6)
c0217255_1852951.jpg


此処まで紅葉が下りてくれば、後は平らな関東平野、あっという間に紅葉前線が町から町へと広がって行く事でしょう。

by yamazaki-masao | 2014-11-17 18:58 | Comments(2)
2014年 11月 06日

寒かった

この冬の鳥撮りを占うべく、眠い目をこすって車を走らせました。
湖畔に着いたのはAM5:30でした。

(1)
c0217255_18415279.jpg


日の出前の朝焼けを期待し、手はポケットに突っ込み足踏みし、「しまったなぁ もう一枚着てくれば良かった」
そんな独り言をつぶやきながら待っていました。
(2)
c0217255_18462289.jpg


暗い湖面を「ビビッビビッ」と鳴くカワガラスの声だけが右から左へ横切って行きます。
(3)
c0217255_18524863.jpg


網代木に繋いだ船は微動だもせず夜明けを待っています。
しかし朝焼けは有りませんでした。
(4)
c0217255_18555893.jpg


漸く日が顔を出し湖畔の木々を照らします。
(5)
c0217255_18572852.jpg


暗い湖面を飛んでいたカワガラスも姿が見えてきました。
(6)
c0217255_19384497.jpg


カワガラスの囀りをお聞きください。風の音が少し耳障りですがご容赦を・・・。
(7)



朝日に照らされた林に足を踏み入れると・・・・。
期待していたズミの実は全く無く、鳴きながら逃げ去るカシラダカのチチッチチッと言う声だけが物哀しく聞こえてきました。

by yamazaki-masao | 2014-11-06 04:35 | Comments(2)
2014年 11月 01日

岩と水と紅葉と

先週末はちょっとお出かけしてきました。

カワガラスが泡立つ激流の中で餌を探していました。
(1)
c0217255_148942.jpg


此処は群馬県片品村、吹き割れの滝です。
(2)
c0217255_1493186.jpg


(3)
c0217255_1495121.jpg


(4)
c0217255_1410252.jpg


(5)
c0217255_14111459.jpg


(6)
c0217255_14114140.jpg


(7)
c0217255_1412292.jpg


(8)
c0217255_1413153.jpg


(9)
c0217255_14144259.jpg


(10)
c0217255_14154682.jpg


(11)
c0217255_14161044.jpg


先週末はまずまずのお天気でしたのでルート120号(日本ロマンチック街道)を走って来ました。
この後はリンゴ狩りを楽しみ紅葉を愛で良い休日でした。
明日はそのリンゴ畑をご覧いただきます。

by yamazaki-masao | 2014-11-01 14:24 | Comments(4)
2013年 11月 18日

初冬の高原

山の湿原、夜が明けて見ると一面の霜に覆われた凍てついた世界が広がっていました。
c0217255_18363969.jpg


此処から右へ目を転ずると金精山(2244m)モルゲンロートです。
c0217255_1844698.jpg


素晴しい山の朝を満喫しながら、木道を進んで行くと漸く湿原にも朝日が降りて来ます。
歩いて来た木道を振り返ると、樹氷と言っても過言ではないような光景が見られます。
逆光に輝くナナカマドとズミがまるでクリスマスツリーのよう。

ナナカマド
c0217255_18515794.jpg


ズミ
c0217255_18524193.jpg


素敵な光景を堪能できましたが実は、目的は他に有ったんです。

北海道にしかいないと言われる「ベニヒワ」がここで確認されていました。                        そのベニヒワが撮りたくてAM3:00に起きだして来た訳です。
北海道まで行かなくても2時間走ればベニヒワに逢えるとなれば3時起きも当然です、ところが、初冬のお山の雰囲気を味わっただけでこの日のチャレンジは幕引きとなってしまったのです(涙)。

何にも撮れずに帰るのはあまりにも惨め、止む無くカワガラスなら絶対居る場所に立ち寄りました。
ベニヒワとはまるで正反対の色合いのカワガラスですが見て下さい。
c0217255_1951370.jpg


此処で撮れるのはカワガラスだけではありません。
日本で一番大きな鳥さん、出逢いは有りませんでしたがもう来ているそうです。

by yamazaki-masao | 2013-11-18 19:15 | 風景 | Comments(4)
2013年 10月 30日

カワガラス

c0217255_18182988.jpg


今日はカワガラスです。
光の受け方で随分色が変わりますが同じカワガラスです。
c0217255_18201589.jpg
c0217255_18204784.jpg
c0217255_18203012.jpg
c0217255_1821392.jpg
c0217255_18204651.jpg
c0217255_18212473.jpg
c0217255_1821968.jpg
c0217255_18214690.jpg
c0217255_18212897.jpg


最後はズミの実です。
c0217255_18223786.jpg


今回は紅葉を目的にしていましたので、これ以外の鳥には出会っていません、本当です。

by yamazaki-masao | 2013-10-30 18:25 | Comments(6)
2013年 09月 03日

水しぶきとカワガラス

昨日はお隣の町で竜巻が発生し、大変な被害が出ています。
今日も同じような気象条件との事です。防ぎようのない竜巻、身近で起きただけに恐怖を感じます。

さて、毎日暑い日が続いています、今日は少し涼しい画像を見て下さい。
c0217255_771880.jpg
c0217255_773111.jpg
c0217255_773833.jpg


如何ですか、少しは涼しくなったでしょうか? 実は在庫切れの為古いアルバムから引き出しました。

窓から外を見ると、早くも積乱雲がもくもくと立ちあがっています。
昨日の様な竜巻が発生しない事を願っています。

by yamazaki-masao | 2013-09-03 07:14 | Comments(2)