雅郎の花鳥風月

myamazaki.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 27日

嘴が黄色のオオセッカ

葦の葉陰から誰かが顔を覗かせています。
c0217255_06480229.jpg
c0217255_06481319.jpg

少しずつ姿を見せてくれました。
初めは誰なのか解らなかったけど良く見るとオオセッカの子供だと解りました。
c0217255_06483903.jpg
c0217255_06485396.jpg
c0217255_06490284.jpg

この留り方を見るとやはりセッカの習性のようです。
c0217255_06491979.jpg
c0217255_06492977.jpg
最後は「おまえは誰」と言わんばかりに睨みつけられました。
この後は親鳥がやって来て「ダメダメこっちへ来なさい」と連れて行ってしまいました。
残念ながらこの時は動きが早くて撮れませんでした。



by yamazaki-masao | 2017-07-27 07:02 | Comments(2)
Commented by ten-zaru at 2017-07-27 18:59
yamazakiさん、今晩は。
遠慮がちに顔を出したオオセッカの幼鳥さん。
この子が大きくなると、あの大きな声で囀るようになるんですね。
紫の花がアクセントになってますね。
Commented by yamazaki-masao at 2017-07-28 05:46
ten-zaruさん お早うございます。
W遊水地のこのフィールドではオオセッカとコヨシキリの大合唱が聞かれます。
それにこの紫の花と広大な景色、一度お出かけになっては如何ですか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏の想い出      コヨシキリの囀り >>