雅郎の花鳥風月

myamazaki.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 25日

コルリに魅せられて

「虎穴に入らずんば虎児を得ず」「君子危うきに近寄らず」
上記の二つの格言は相反する意味で使われますね、でも今回は前者を信じる事にしました。
そして出かけた処は・・・。
名も無い林道。
c0217255_10433601.jpg
c0217255_10434648.jpg
その林道から見た風景。
c0217255_10435545.jpg
熊の出没を虎穴とし、虎児はコルリに置き換えての山岳ドライブ、そして出会えたコルリは
真に「虎児」青い宝石でした、取り敢えず10カットUPです。

(1)
c0217255_10441691.jpg

(2)
c0217255_10440629.jpg

(3)
c0217255_10443653.jpg

(4)
c0217255_10442676.jpg

(5)
c0217255_10445901.jpg

(6)
c0217255_10444454.jpg

(7)
c0217255_10450855.jpg

(8)
c0217255_10451778.jpg

(9)
c0217255_10452952.jpg

(10)
c0217255_10454086.jpg
UPした中には、ブレやピンアマも有りますがあえてUPしました。
天然コルリを撮る事がいかに大変な事かを御理解頂けたら幸いです。
ISO8000でSSは1/50、足場が悪いため三脚は立てられず手持ち撮影でした。




by yamazaki-masao | 2017-06-25 11:02 | Comments(4)
Commented by ten-zaru at 2017-06-25 20:30
yamazakiさん、今晩は。
精力的に新規開拓、そのチャレンジ精神こそが大事ですね。
その結果がこの青い子、当然の結果です。
手持ちでこれだけのコルリを撮れるなんて凄いです。
Commented by ミドリ at 2017-06-25 21:50 x
見知らぬ場所で鳥を探すのは本当に大変。狙う小鳥を見つけるのは至難の技!
このコルリは瑠璃色がとても美しいですね。
私も餌づけの小鳥や声を鳴らして出て来させた小鳥、営巣中の小鳥は撮らないことにしています。
撮られた写真の素晴らしさ、そして撮っているドキドキも伝わって来ます~。
Commented by yamazaki-masao at 2017-06-26 06:08
ten-zaruさん お早うございます。
来た事の無い山道を鳥の声を聞きながらドライブしている時は最高の気分ですね、
ましてや今回のように目指す鳥さんに出会えたら・・・最高の週末でした。
Commented by yamazaki-masao at 2017-06-26 06:15
ミドリさん お早うございます。
意を同じくする人が居て凄く嬉しいです。
こうして撮れたからこそ喜びが大きいと言う物ですね。
ブレや前ボケが被ったりした写真でも、現場の状況が解る写真だと思いUPしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コルリのお嬢さん      2017 ルリビタキの谷 >>